査定額の妥当性の評価|最低限の内装|高い値段でマンション売却したいなら知っておこう

最低限の内装|高い値段でマンション売却したいなら知っておこう

査定額の妥当性の評価

模型

査定額の算出方法

自己所有の不動産を売却する際に値段付けを行う場合や不動産を購入しようとする場合に価格が妥当かを判断するために不動産査定を行います。この不動産査定の方法として、国土交通省が出している「不動産鑑定評価基準」によると「原価法」、「収益還元法」、「取引事例比較法」という3つの方法があります。不動産業者は不動産査定を行う対象物件について一番適切な方法で評価額を算出し、他の方法で算出した評価額との間でのかい離を修正して査定金額を出しています。自分が売買しようとしている物件が例えばマンション居住用であるとすれば、仕様が同じ部屋が多々ある場合は取引事例比較法に馴染むと考えることができます。そこで同じマンションで別の部屋が売れていないか、その評価額はいくらだったかを近隣不動産業者で調べてその評価額を参考とすることが値段交渉の道具となります。

算出方法の考慮事情

この取引事例比較法という方法を採用したとして、留意すべき点は時点の修正と部屋の個性による修正がありうるということです。時点の修正とは、その当時の市場の取引状況(売り手市場か買い手市場か)が現時点では異なり、値段の単純比較が妥当な評価額を導くものではないということです。次に、部屋の個性とは日当たり等の部屋の性質により評価額に差が出てくるということです。さらに、この取引事例比較法で考えておく必要があるのが、参考とした取引がどのような事情で売買が成立していたのかということです。そのマンションの所有者が借金返済のため一日でも早く売却したいというような事情を抱え足元を見られた査定額であった場合、相当安く値段がついています。この場合、市場価格とかい離しているのでその点の個別事情をも検討して妥当な評価額を考える必要があります。不動産査定は、様々な事情を考慮して査定額が決まってくるものです。売買するにあたり業者に査定額を算出してもらう際には、どういう事情を考慮したのかという点も注意して聞いておくのが売買の妥当な査定額を知る手がかりとなるでしょう。